メインコンテンツへスキップ

Q.外国人建設就労届とは?

A.現場に従事する外国人労働者を管理するための安全書類です。

外国人建設就労者建設現場入場届出書を記入する前の注意

対象者は[外国人建設就労者]であり、
2023年3月31日より、以前から開始している現場は、特定活動(建設就労者)、特定技能1号の方は提出をお願いします。
2023年4月1日以降から開始している現場は、特定技能1号方のみ提出をお願いたします。
※定住者や日本人の配偶者、技能実習生である方については提出する必要はありません。

技能実習生とは、国交省が定めた外国人技能実習制度を受けている人を指します。
外国人技能実習生の受け入れには、国土交通省から発行される[適正監理計画認定証]が必要です。作成方法は外国人建設就労届を作成するを参照してください。

建設分野における外国人材の活用に係る緊急措置(外国人建設就労者受入事業)は、
2023年3月31日に完全に終了いたしました。
特定活動(建設就労者)の方は、2023年4月1日以降、在留資格が有効であっても、本制度に基づく就労はできないため、2023年4月1日以降から開始している現場の場合、特定技能1号のみ提出お願いたします。
※閉場していない現場もあるため、Greenfile.work上では、外国人建設就労届と在留資格に、特定活動(建設就労者)の表示を残置させていただいております。

 

ページの先頭へ戻る